2011年01月24日

除夜釜初体験



昨年の12月31日に京都は伏見の「栄春寺」で青年部有志の「除夜釜」にお招き頂きましたスマイル

亭主は近畿第一歴代ブロ長。お軸は「山花開似錦」裏千家10代家元認得斎書

山花開似錦   さんか ひらいて にしきに にたり
澗水湛如藍   かんすい たたえて あいの ごとし

山花は錦のように咲き乱れ、谷水は藍色に湛え澄む。
ある僧が「肉身は死ねばなくなるが、堅固なる法身とはどのようなものですか」と問うたのに対する、宋代の禅僧大龍智洪の応答。
眼前に広がる大自然の営みそのものが、常住不変なる法身の如来に他ならないの意。

除夜の鐘を聞きながら濃茶を呼ばれました。

何とも幻想的な空間でした。

その後、忘年会のような新年会が行われ、茶談義で盛り上がりました。

また誘って頂きたいですニコニコ




では、では日の出



同じカテゴリー(茶会)の記事画像
千種青年部「春の茶会」
社中の月釜
宗家初釜
同じカテゴリー(茶会)の記事
 千種青年部「春の茶会」 (2011-03-01 20:25)
 社中の初釜 (2011-01-27 19:43)
 社中の月釜 (2011-01-25 15:46)
 宗家初釜 (2011-01-25 15:17)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。